色黒→美白│紫外線はデメリットだらけ!光老化を防ぐ

日焼けは若気の至りとガングロブームにのりガンガン肌を焼いていたという方には耳が痛い、紫外線のデメリットを語ります。

TOP PAGE

例えば色素の薄い肌の方だと強い日差しにあ

例えば色素の薄い肌の方だと強い日差しにあたっても赤身をおびてしばらくすると黒くはならずもとに戻るひともいれば少し外に出ただけでも一瞬で紫外線を吸収されてしまい肌黒くなって紫外線の影響をモロに受けてしまうというひともいます。



日光浴ぐらいの程度であればビタミンの生成や健康維持などにかかせないことでもあるのでただし、強い日差しというのは著しく紫外線を浴びることでDNAにダメージを与えてしまうことです。
野良仕事を繰り返した女性のシワを見たことがあると思います。
長年かけてできたシワも長い人生を歩んだ証として悪いものとはしない風潮もありますがやはり年中強い紫外線を浴びた結果が後悔していたとしても最終的には諦めているのではないかと思います。シミやそばかす、シワたるみにはそれぞれ違いがあるかもしれません。日に当たるとすぐに吸収されるひともいればその方の体質や肌の質というのかトラブルの起こり方も違います。日本でもUVケア用品、紫外線対策の商品、高SPFの商品など強い日差しから防ぐための商品は出ていますが海外では美容だけでなく健康を保つためにもこういった紫外線に対する製品はなくてはならないものになっているため日本よりも盛んなのではないでしょうか。

紫外線の影響を意識する方は年々増加しているように思えます。これは単に流行という考え方もあるように思えます。

というのも既に一昔前になってしまうのかもしれませんがこぞってコギャルが流行した90年代から2000年代前期やもっとその前の80年代にも黒いことが1つのステータスみたいな時もあって無意識で反復されていることですよね。
黒い肌は健康的でかわいいといった自分を着飾る重要なものだったと思います。今は、白い肌の女性ほうが多いですし、透き通るような白い肌のほうが絶対可愛いって言う人は男性にも多いくらいです。



読モや有名人なんか何やっているのってくらい白いですよね。なにが言いたいかと言えば、日焼けをすれば健康にもさらにはヴュジュアル的に美容の面で後悔しても遅いことになるよねって話しです。太陽光はのちのちの見た目年齢にかかわるものとして科学的にも証明されているのですから、気づいたときから紫外線を浴び続けることは意識して防いでいるというひとが増加しているのだと思います。もうこれ以降は日焼けブームもくることもないのかもしれません。日差しなんて気にしない!私はは焼く派ってひともまだいますがその数は減っているのは確かですよね。これってファッションのトレンドの話しで言えばそれほど大げさな出来事ではないかもしれないですがのちのちのトラブルを考えると我々日本人も学ぶ必要があるのかもしれません。

過去焼きまくっていたひとは漏れなく後悔しているひとばかりですよ。周囲にもそんな同世代は多いです。マシーンを使って日焼けに励んでわざわざ老化を早めるようなことを毎回やっていたわけですから身から出た錆とは言え見た目老化は取り返しの付かないもので返ってきますので本人たちも自覚はあるので若気のいたりをあの時もっと気をつけていればよかったと今になってケアしています。まことしやかに言われるのが前者は皮膚がんになりやすいことが心配されますがこれはまんざらウソではないようです。

紫外線ははるかに強い海外では太陽光の強さには大きく違っていて紫外線自体が脅威とも言えるほど一種の害悪として扱われる国もあります。


日光が強力なオーストラリアでは人体へのリスクとなる紫外線量として知られています。

よく言われるのは焼けてすぐに赤くなるひとはガンの

よく言われるのは焼けてすぐに赤くなるひとはガンの確立が高くなるということえお言われますが、このようなことはウソでもないようで日本以外の国では比べものにならないくらい紫外線による人体への影響は良くないものと意識の高い国も存在します。
日光が強力なオーストラリアでは人体へのリスクとなる紫外線量として知られています。年齢を重ねればシワの1つもできるととても素晴らしいとは思いますが、無防備に日差しを浴びた結果老化の原因とわかりつつもどうしようもできなかったのかもしれません。強い日差しによる影響は感受性に差があるかもしれません。
日に当たるとすぐに吸収されるひともいれば体質やコンディションによってもトラブルの起こり方も違います。
お気づきの方もいると思いますが、日差しを浴び続けることで健康被害も当然おこるでしょうし、いまは感じなくても将来の肌への影響は避けることのできない話しです。
紫外線は老化の原因としても、医学的にも判明している事実ですから、若い内から過度な紫外線を浴びることは極力、浴びないように励んでいるという方のほうが増えているんだと思います。今後は黒い肌が素敵だということも来ることはないかもしれませんね。例えば昔から色が白いという人は強い日差しにあたっても最初のうちは赤くなって黒くなる前に色黒になることはなく少し外に出ただけでも一瞬で紫外線を日光を吸収してしまって黒々とどんどん黒くなるというひともいます。

日本でもUVケア用品、日焼け対策アイテム、SPFやPA値も高めの下地など紫外線から身を守る化粧品などは出ていますが海外では美容もそうなのでしょうけれど体への影響から守るためにもUVアイテムは欠かせないものとなっているため紫外線予防は海外のほうが進んでいるでしょう。いまだに健康的な褐色の肌を維持している人も存在しますけど年々減っているのは事実です。

時代の走りでいえば当然といえば当然なのかもしれないけれど目に見える形で現れるとなると我々日本人も学習する頃なのかもしれません。紫外線対策をおこなう増えているとは思いますが、これってその時代のファッションのような気もするんですよね。



というのも古い話しになるわけですがヤマンバギャルが流行った景気のよい時代やその前にも黒い肌がイケているというときもあったわけで時代は繰り返されるものですよね。体を害さないほどの紫外線であればむしろ人体にとっては必要でしょう。

注意したいのは習慣的に紫外線を吸収することで細胞が変化してしまいます。
お昼間に長時間日に当たる作業を繰り返しているひとの深いシワを見たことがあると思います。だって若いときに無茶をしたひとの中には漏れなく後悔しているひとばかりですよ。

周囲にもそんな同世代は多いです。マシーンを使って日焼けに励んでシミやぞばかすをつくりに言っていたようなものです。自分のこととは言え見た目老化は急激に変化がおこることから本人たちも自覚はあるので若気のいたりをあの時もっと気をつけていればよかったと今になってケアしています。褐色の肌をつくること自体トレンドのような感覚であったことは間違いありません。
ときは変わって現在はどうかというと、美白を目指す女子が圧倒的にほとんどです。



白肌を推している広告も多いですよね。

有名人とか羨ましいくらいみんな白いです。


というのも過去に無茶苦茶してきたってひ

というのも過去に無茶苦茶してきたってひとは漏れなく後悔しているひとばかりですよ。肌老化に嘆いているひとは多いです。


若気の至りとは言え日焼けマシンなんてわざわざ老化を早めるようなことを毎回やっていたわけですから身から出た錆とは言え見た目老化はシミとかそばかすといった形で現れることからその後、日焼けをしないように気をつけるといったひとは多いです。

例えば色素の薄い肌の方だと太陽光線を長時間浴びたとしても赤くなっていっときするとあまり黒くもならず日焼け後もあまりない人もいればちょっと紫外線に当たっただけでも吸収してしまって皮膚が黒くなって焼けるというひともいます。

よく言われるのは前者は皮膚がんになりやすいことを言う人がいますが、これはまんざらウソではないようです。


日本以外の国では比較にならないほどに紫外線問題は深刻な国もあります。



有名なのはオーストラリアですが人体へのリスクとなる紫外線量として知られています。シワは人生の年輪とも言われ他人は褒めることもありますが、ジワジワとDNAに影響を及ぼした結果深いシワとなって現れている証拠なのではなかろうかというものです。強い日差しによる影響は感受性に差があるかもしれません。



1つはメラニン吸収の度合いって遺伝的なものでもまったく違ったりもします。
体を害さないほどの紫外線であれば体にとっても悪いことではありません。それでも紫外線の影響というのは習慣的に紫外線を吸収することで細胞が変化してしまいます。野良仕事を繰り返した女性の老化の原因は言うまでもなく紫外線だと思います。

褐色の肌をつくること自体なくてはならないポイントであったことは間違いありません。


今は、美白を目指す女子が圧倒的にメインではないですか。美白・白肌・透明肌は必須であり雑誌なんかも多いです。女性モデルとかありえないくらい白い黒かったひとどこいったて感じですよ。
紫外線対策をおこなう多くなっているとおもいます。これって一種のブームのようにも思えてしまうときがあるのですよ。
というのも既に過去の話しになってしまうのですがこぞってコギャルが一世風靡した記憶に新しいあの時代やもっとその前の80年代にも黒い肌がイケているというときもあったわけでこれって繰り返されている一種のブーム的なものですよね。どういうことかと言えば、日差しを浴び続けることで健康被害も当然おこるでしょうし、さらにはヴュジュアル的に美容の面で後悔しても遅いことになるよねって話しです。

紫外線は老化の原因としても、確認されていますから、気づいたときから紫外線を浴び続けることは極力、浴びないように励んでいるという方のほうが増えているんだと思います。



日焼けをすること自体が巡ってトレンドになることもないかもしれませんね。

日本でもUVケア用品、日焼け対策アイテム、SPFやPA値も高めの下地など日差しから身を守る化粧品などは出ていますが海外では美容もそうなのでしょうけれど体を紫外線から守るためにも日焼け止めなどは欠かせないものとなっているため日本よりも盛んなのではないでしょうか。
日差しなんて気にしない!私はは焼く派ってひとも中にはいますがあまり見かけなくなっているのは目に見えてわかります。
近頃の走りでいえばたいした変化でもないのかもしれませんが、将来のことを考えると我々日本人も紫外線対策を勉強するときなのかもしれません。
1日1回飲むだけ!人気の飲む日焼け止め

Copyright (C) 2014 色黒→美白│紫外線はデメリットだらけ!光老化を防ぐ All Rights Reserved.

TOP
PAGE