色黒→美白│紫外線はデメリットだらけ!光老化を防ぐ

日焼けは若気の至りとガングロブームにのりガンガン肌を焼いていたという方には耳が痛い、紫外線のデメリットを語ります。

TOP PAGE ⇒ 「昔から言われるのが日焼けをして赤」

昔から言われるのが日焼けをして赤

昔から言われるのが日焼けをして赤くなる人は皮膚がんになる可能性が高いなどと言われますが、まったく可能性がないわけでもないようです。国内と外国では比較にならないほどに紫外線自体が脅威とも言えるほど深刻な国もあります。


日光が強力なオーストラリアでは日中は出歩くことすら注意喚起されるほどです。

いまだに健康的な褐色の肌を維持している人も存在しますけど少なくなっているのは事実です。最近の走りでいえばそんなに大きなことではないかもれないですが目に見える形で現れるとなるともうそろそろ日本人も紫外線対策を勉強するときなのかもしれません。
紫外線の影響を意識する方は年々増加しているように思えます。これって一種のブームのようにも思えてしまうときがあるのですよ。

というのも既に一昔前になってしまうのかもしれませんがこぞってコギャルがトレンドだったあの頃やそれより前の古き時代にも日焼け肌が1つの文化としてあって時代は繰り返されるものですよね。その時代に後先考えずにやってきたという方は漏れなく後悔しているひとばかりですよ。

周囲にもそんな同世代は多いです。日焼けサロンに通っていた女性も自分からシミやシワの原因をすすんで作りに行っているようなものです。
自業自得とは言え失われる若々しさは案外、他人からだとフケたと思ってしまうものです。気づいたときに日焼けをしないように気をつけるといったひとは多いです。有害にならないほどの短期間の日光であれば体にとっても悪いことではありません。


ただし、強い日差しというのは長年の時間をかけて悪い波長の紫外線を浴びることで細胞が変化してしまいます。


日中に作業をしなければならないお仕事をされる女性の老化の原因は言うまでもなく紫外線だと思います。

色白よりも褐色した肌は自分を着飾る重要なものだったと思います。で今は2017年なわけですが、白い肌の女性ほうが増えていますよね。美白をすすめている雑誌なんかも多いです。



読モや有名人なんか羨ましいくらいみんな白いです。

例えば本来、色白で日光を長く浴びても最初のうちは赤くなってあまり黒くもならず日焼け後もあまりない人もいればちょっと紫外線に当たっただけでも吸収されてしまい赤黒く日焼けが目立つというひともいます。
勘の良い人なら既におわかりのとおり、日差しを浴び続けることで健康被害も当然おこるでしょうし、なにより美容へのトラブルにつながっていきますよね。



紫外線の特殊な波長というのは老化をススメてしまうものとして、学術的にも因果関係はわかっていることですから、継続した日差しの浴びすぎは意識して防いでいるというひとが増加しているのだと思います。
もうこれ以降は日焼けブームも来ることはないかもしれませんね。



日本でもUVケア用品、サンスクリーン製品、SPFやPA値も高めの下地など紫外線から身を守るアイテムは数多く出ていますが海外では美容だけでなく紫外線による人体への影響を軽減するためにも紫外線カット製品は欠かせないものとなっているため日本よりも盛んなのではないでしょうか。
シワやしみも苦労を乗り越えてきた証なのだから他人は褒めることもありますが、ジワジワとDNAに影響を及ぼした結果深いシワとなって現れている証拠なのではないかと思います。


強い日差しによる影響は感受性に差があるかもしれません。
日に当たるとすぐに吸収されるひともいればタイプによってはまったく違ったりもします。

関連記事


Copyright (C) 2014 色黒→美白│紫外線はデメリットだらけ!光老化を防ぐ All Rights Reserved.

TOP
PAGE