色黒→美白│紫外線はデメリットだらけ!光老化を防ぐ

日焼けは若気の至りとガングロブームにのりガンガン肌を焼いていたという方には耳が痛い、紫外線のデメリットを語ります。

TOP PAGE ⇒ 「いまだに健康的な褐色の肌を維持している」

いまだに健康的な褐色の肌を維持している

いまだに健康的な褐色の肌を維持している人も存在しますけど若い人には少なくなっているのも目に見えてわかります。

最近のトレンドの話しで言えばそんなに大きなことではないかもれないですが目に見える形で現れるとなるとうかうかしている場合ではなく学習する頃なのかもしれません。
よく言われるのは前者は皮膚がんになりやすいことが心配されますがこれはまんざらウソではないようです。紫外線ははるかに強い海外では比べものにならないくらい紫外線による人体への影響は深刻な国もあります。日光が強力なオーストラリアでは人体へのリスクとなるほど注目される紫外線量をほこる国です。
似合う似合わない別としても焼けた肌はトレンドのような感覚であったことは間違いありません。
今は、断然に白い肌の女性がほとんどです。

美白・白肌・透明肌は必須であり広告も多いですよね。人気モデルとかありえないくらい白い黒かったひとどこいったて感じですよ。
紫外線対策をおこなう昔に比べて増えているのではないですか?これってその時代のファッションのような気もするんですよね。

というのも10年ほど前の話しになりますがコギャルファッションが街を席巻していた時期やそれ以前にも日本では日焼けを良しとする風潮もあって日焼けをするか美白をするかは交互におこることなのではとすら思うわけです。

日本でもUVケア用品、紫外線対策の化粧品、高SPFの商品など紫外線から身を守る製品は出ていますが国外では肌トラブルだけのしがUV回避だけでなく健康を保つためにもこういった紫外線に対する製品は欠かせないものとなっているため日本よりも盛んなのではないでしょうか。
シワは人生の年輪とも言われ大変、名誉なことなのかもしれませんがやはり年中強い紫外線を浴びた結果が肌細胞の劣化がすすんでしまったのかもしれません。
光老化の影響というのは個人差があるとおもいます。
色素沈着1つにしても遺伝的なものでもまったく違ったりもします。

有害にならないほどの短期間の日光であれば行きていく上で全く日光を浴びないことは逆に不健康な体をつくります。しかし、太陽光というのは著しく紫外線を浴びることで細胞に異常をきたします。



日中に作業をしなければならないお仕事をされる女性のシワを見たことがあると思います。だって若いときに無茶をしたひとの中には漏れなく後悔しているひとばかりですよ。


肌老化に嘆いているひとは多いです。日焼けサロンに通っていた女性もシミやぞばかすをつくりに言っていたようなものです。

後の祭りとは言え見た目老化は結構如実に変化の速度が早いように思えます。
あとからあの時もっと気をつけていればよかったと今になってケアしています。



どういうことかと言えば、日差しを浴び続けることで健康被害も当然おこるでしょうし、いまは感じなくても将来の肌への影響は避けることのできない話しです。

紫外線は光老化のはじまりとしても、確認されていますから、行き過ぎた紫外線の吸収は極力、浴びないように励んでいるという方のほうが増加しているのだと思います。安易に肌を焼く時代もやってこないかもしれませんね。
例えば色素の薄い肌の方だと日に当たっても赤く軽いヤケド状態になるけど黒色になることもなく日焼け後もあまりない人もいれば一方で屋外にでるだけで吸収してしまい肌黒くなって日焼けが目立つというひともいます。

関連記事


Copyright (C) 2014 色黒→美白│紫外線はデメリットだらけ!光老化を防ぐ All Rights Reserved.

TOP
PAGE