色黒→美白│紫外線はデメリットだらけ!光老化を防ぐ

日焼けは若気の至りとガングロブームにのりガンガン肌を焼いていたという方には耳が痛い、紫外線のデメリットを語ります。

TOP PAGE ⇒ 「昔から言われるのが日焼けをして赤くなる人は」

昔から言われるのが日焼けをして赤くなる人は

昔から言われるのが日焼けをして赤くなる人は皮膚がんになる可能性が高いなどと言われますが、確立として低いわけでもないようです。日本以外の国では太陽光の強さには大きく違っていて紫外線問題は国家レベルで問題な国もあります。

有名なのはオーストラリアですが人体へのリスクとなる紫外線量として知られています。

紫外線対策をおこなう昔に比べて増えているのではないですか?これって一種のブームのようにも思えてしまうときがあるのですよ。
というのも既に一昔前になってしまうのかもしれませんが渋谷系ギャルが流行った景気のよい時代やそれ以前にも日焼けした肌が健康的で良いというときもあって無意識で反復されていることなのではとすら思うわけです。
長年かけてできたシワも長い人生を歩んだ証として他人は褒めることもありますが、肌を紫外線から守らなかったことで老化の原因とわかりつつもどうしようもできなかったのだろうと思います。
強い日差しによる影響はその方によっては差があるかもしれません。色素沈着1つにしても遺伝的なものでもまったく違ったりもします。


体を害さないほどの紫外線であればむしろ人体にとっては必要でしょう。


しかし、太陽光というのは繰り返し肌に浴びることで細胞を傷つけてしまっていくことです。
日中に作業をしなければならないお仕事をされる女性の老化の原因は言うまでもなく紫外線だと思います。

例えば色素の薄い肌の方だと太陽光線を長時間浴びたとしても最初のうちは赤くなって黒くなる前に日焼けあとが引いていく人もいれば短時間の日差しでも吸収してしまって肌黒くなって日焼けしてしまう方もいますね。

日本でもUVカットのアイテム、サンスクリーン製品、SPFやPA値も高めの下地などUVカット化粧品などは出ていますが海外では美容もそうなのでしょうけれど健康被害の軽減のためにもサンスクリーン製品は欠かせないものとなっているためUV対策は日本よりも遥かに用心しているのではないでしょうか。
黒い肌は健康的でかわいいといった自分を着飾る重要なものだったのではないでしょか。

で今は2017年なわけですが、間違いなく白肌の女のひとのほうが多いですし、美白をすすめている雑誌なんかも多いです。

芸能人なんかありえないくらい白い黒かったひとどこいったて感じですよ。勘の良い人なら既におわかりのとおり、日焼けはやっぱり体にもなにより美容へのトラブルにつながっていきますよね。



紫外線の特殊な波長というのは老化をススメてしまうものとして、医学的にも判明している事実ですから、知らず知らずのうちに蓄積される紫外線というものは、なるべくなら避けたいというひとがのちのち後悔をしない結果となるような気がします。

健康的な褐色の肌がトレンドとして来ることはないかもしれませんね。

美白は気にせずガンガン焼いているよってひとも存在しますけどその数は減っているのは確かですよね。時代の兆しで言えばそんなに大きなことではないかもれないですがのちのちのトラブルを考えると私たち日本人も紫外線というものをよく知る必要があるのかもしれません。若い時に何も気にせずやってきたという人は漏れなく後悔しているひとばかりですよ。

周りにも昔ヤンチャしていた女性は同じようなことを言います。
日焼けサロンに通っていた女性も肌の老化を自ら望んでいるようなもので自己責任とは言えシミ・そばかすはもちろん顔のたるみなんかはシミとかそばかすといった形で現れることから気づいたときに結局、紫外線をなるべく浴びないように気をつけるといったひとはほとんどです。

関連記事


Copyright (C) 2014 色黒→美白│紫外線はデメリットだらけ!光老化を防ぐ All Rights Reserved.

TOP
PAGE