色黒→美白│紫外線はデメリットだらけ!光老化を防ぐ

日焼けは若気の至りとガングロブームにのりガンガン肌を焼いていたという方には耳が痛い、紫外線のデメリットを語ります。

TOP PAGE ⇒ 「日光浴ぐらいの程度であれば健康によい」

日光浴ぐらいの程度であれば健康によい

日光浴ぐらいの程度であれば健康によいのはいまでも変わらないとは思います、ただし、強い日差しというのは習慣的に紫外線を吸収することで細胞が変化してしまいます。畑仕事や漁師町で作業をされている女性のシワやシミは老化の速さを物語っているのかもしれません。その時代に後先考えずにやってきたという方は無闇に焼くんじゃなかったと後悔しているひとばかりで周囲にもそんな同世代は多いです。日焼けサロンに通っていた女性も自信から肌のトラブルを買いにいっているようなもので自業自得とは言え紫外線による老化は案外、他人からだとフケたと思ってしまうものです。

気づいたときに後悔しては今では紫外線対策に励んでいるところですよ。似合う似合わない別としても焼けた肌は自分を着飾る重要なものであったとおもいます。ときは変わって現在はどうかというと、白い肌の女性ほうが多いですし、肌を焼くなどもってのほか広告も多いですよね。読モや有名人なんか黒い人がいないくらいですよねホント。

なんといっても事実として、日焼けをすれば健康にもさらにはヴュジュアル的に美容の面で後悔しても遅いことになるよねって話しです。紫外線は光老化のはじまりとしても、確認されていますから、知らず知らずのうちに蓄積される紫外線というものは、なるべくなら避けたいというひとが増加しているのだと思います。
今後は黒い肌が素敵だということもトレンドになることもないかもしれませんね。それでも紫外線は気にしないで焼いているって方もまだいますがあまり見かけなくなっているのは目に見えてわかります。近頃の兆しで言えば当然といえば当然なのかもしれないけれどこと健康となると我々日本人も紫外線対策を勉強するときなのかもしれません。


例えば色素の薄い肌の方だと紫外線を浴びても皮膚表面は赤くなるけどあまり黒くもならず日焼けあとが引いていく人もいれば少し外に出ただけでも一瞬で紫外線を影響をうけてしまって赤黒く焼けるというひともいます。

よく言われるのは前者は皮膚がんになりやすいということえお言われますが、まったく可能性がないわけでもないようです。



海外では日本とは比較にならないほどに紫外線自体が脅威とも言えるほど一種の害悪として扱われる国もあります。

地球の南オーストラリアでは人体へのリスクとなるほど注目される紫外線量をほこる国です。日本でもUVケアのための用品、紫外線対策の化粧品、高SPFの商品などUVカット商品は出ていますが国外では肌トラブルだけのしがUV回避だけでなく体を紫外線から守るためにも紫外線カット製品は欠かせないものとなっているため日本よりも進んでいるといえるのではないでしょか。

紫外線の脅威を感じているひとは多くなっているとおもいます。

これは単に流行という考え方もあるように思えます。というのも昔は渋谷系ギャルが流行した90年代から2000年代前期やマゴギャル以前の元祖ギャル時代にも黒いことが1つのステータスみたいな時もあってこれって繰り返されている一種のブーム的なものなのかなとおもったりします。長年かけてできたシワも長い人生を歩んだ証として大変、名誉なことなのかもしれませんがジワジワとDNAに影響を及ぼした結果老化がすすんでいったのではなかろうかというものです。

光老化の影響というのはそれぞれ違いがあるかもしれません。色素沈着1つにしても遺伝的なものでもトラブルの起こり方も違います。

関連記事


Copyright (C) 2014 色黒→美白│紫外線はデメリットだらけ!光老化を防ぐ All Rights Reserved.

TOP
PAGE