色黒→美白│紫外線はデメリットだらけ!光老化を防ぐ

日焼けは若気の至りとガングロブームにのりガンガン肌を焼いていたという方には耳が痛い、紫外線のデメリットを語ります。

TOP PAGE ⇒ 「一部の方は頑なに黒色を保っている方もい」

一部の方は頑なに黒色を保っている方もい

一部の方は頑なに黒色を保っている方もいるようですが年々減っているのは目に見えてわかります。

現在の走りでいえばたいした変化でもないのかもしれませんが、将来のことを考えると私たち日本人も学習する頃なのかもしれません。



似合う似合わない別としても焼けた肌は一種のステータスだったと思います。で今は2017年なわけですが、間違いなく白肌の女のひとのほうが多いですし、肌を焼くなどもってのほか雑誌なんかも多いです。有名人とかみんな真っ白ですよね紫外線対策をおこなう増えているとは思いますが、これってその時代のファッションのような気もするんですよね。というのも10年ほど前の話しになりますがこぞってコギャルが流行った景気のよい時代やその前にも日焼け肌が1つの文化としてあってこれって繰り返されている一種のブーム的なものなのかなとおもったりします。


日本もUVアイテム、紫外線対策の商品、SPF数値も高い商品など強い日差しから防ぐためのグッズは出ていますが外国ではヴュジュアル的な美容面だけでなく紫外線による人体への影響を軽減するためにも紫外線に対する製品は欠かせないものとなっているため日本よりも進んでいるといえるのではないでしょか。


以前から噂なのが日焼けをして赤くなる人は皮膚がんになる可能性が高いなどと言われますが、これはまんざらウソではないようです。


海外では日本とは比べものにならないくらい紫外線の強さは良くないものと意識の高い国も存在します。赤道近くのオーストラリアなどでは人体へのリスクとなるほど注目される紫外線量をほこる国です。


勘の良い人なら既におわかりのとおり、日差しを浴び続けることで健康被害も当然おこるでしょうし、なにより美容へのトラブルにつながっていきますよね。

紫外線の特殊な波長というのは老化をススメてしまうものとして、もっとも避けたい常識となっているわけですから、知らず知らずのうちに蓄積される紫外線というものは、意識して防いでいるというひとが増加しているのだと思います。安易に肌を焼く時代もトレンドになることもないかもしれませんね。


若い時に何も気にせずやってきたという人は漏れなく後悔しているひとばかりですよ。周囲にもそんな同世代は多いです。
日焼けサロンに通っていた女性もわざわざ老化を早めるようなことを毎回やっていたわけですから後の祭りとは言え失われる若々しさは取り返しの付かないもので返ってきますので本人たちも自覚はあるので若気のいたりを後悔しては今では紫外線対策に励んでいるところですよ。
シワは人生の年輪とも言われ他人は褒めることもありますが、やはり年中強い紫外線を浴びた結果が肌細胞の劣化がすすんでしまったのではないかということです。また紫外線の影響というのは感受性に差があるかもしれません。

日に当たるとすぐに吸収されるひともいればタイプによっては平気なひと重篤な場合と違ったりします。



体にも必要なくらいの紫外線量なのであればビタミンの生成や健康維持などにかかせないことでもあるのでそれでも紫外線の影響というのは長年の時間をかけて悪い波長の紫外線を浴びることでDNAにダメージを与えてしまうことです。


お昼間に長時間日に当たる作業を繰り返しているひとのシワを見たことがあると思います。

例えば本来、色白で紫外線を浴びても最初のうちは赤くなって色素沈着はせずにメラニンに影響を受けないひともいれば短時間の日差しでも吸収されてしまい皮膚が黒くなって日焼けが目立つというひともいます。

関連記事


Copyright (C) 2014 色黒→美白│紫外線はデメリットだらけ!光老化を防ぐ All Rights Reserved.

TOP
PAGE